かんぱん(肝班)の治療 かんぱん(肝班)治療と原因

かんぱん(肝班)の治療

かんぱん(肝班)治療法として、レーザー治療はあまり有効ではありません。一般的には、飲み薬と塗り薬による治療法が効果があると言われています。飲み薬は、トラネキサム酸とビタミンCの併用が勧められています。また、塗り薬は、ハイドロキノンやトレチノインのクリームを塗る方法が一般的です。

ただしこれらの治療法を行ったからといって、かんぱん(肝班)が簡単によくなる方もいるのですが、なかなか効果が出るまで時間がかかり、苦労する場合もあります。かんぱん(肝班)は、はっきりとその原因がつかめていないために、なかなか対症療法的な治療しか行えないのが現状です。

また、これらの飲み薬と塗り薬による治療法によって効果が出てきた場合、薬の使用をやめてしまうと、かんぱん(肝班)がまた濃くなってしまうこともあるようですので、医師の指示に従って毎日続けることが大切です。

また、かんぱん(肝班)紫外線にあたりやすい部分に現れることから、かんぱん(肝班)の治療中は特に紫外線を避けるように心がけてください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。