かんぱん(肝斑)の原因 かんぱん(肝班)治療と原因

かんぱん(肝斑)の原因

「シミ」の一つである、かんぱん(肝斑)の原因については、はっきりとしたことは不明ですが、女性ホルモン、ストレス、紫外線、化粧品などが関係していると言われています。

・女性ホルモン:
妊娠や出産、更年期、ピル(経口避妊薬)の服用など、女性ホルモンの変化よって、かんぱん(肝斑)が現われたり、色が濃くなったりします。

・ストレス:
不規則な生活、様々なストレスは、ホルモンの分泌に大きく関わってくるため、かんぱん(肝斑)ができる原因の一つにも考えられています。

・紫外線:
かんぱん(肝斑)は紫外線にあたりやすい部分に現れ、紫外線が強い夏に一時的に濃くなり、冬には薄くなったりします。

・化粧品;
かぶれや炎症を起こすなど、自身の肌と合わない化粧品や間違ったスキンケアなどにより、メラニンを沈着させやすい皮膚となり、かんぱん(肝斑)が現われたりします。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。