かんぱん(肝班)治療と原因

かんぱん(肝班)とは

かんぱん(肝班)とは、皮膚にできる色素斑、いわゆる「シミ」の一つで、特に30歳代〜40歳代の女性に多くみられ、男性にもまれにみられます。かんぱん(肝班)という名前は、色や形が肝臓に似ているところからきていると言われいます。

かんぱん(肝班)やシミは、メラニン色素の多い黄色人種(日本人を含むアジア人)に多くできやすくなっており、白人はあまりできません。また、黄色人種の中でも、皮膚の色が浅黒い人ほど、かんぱん(肝班)ができやすいと言われています。

かんぱん(肝班)のできる箇所は、眼の外側、ほほ骨のあたりで、額や口のまわり、首にもできることがあります。形は左右対称で、境界がはっきりしており、また比較的大きく、広範囲にできることもあります。色は薄い茶色をしており、ぼんやりとくすんで見えます。そのため、かんぱん(肝班)のできる範囲によっては、顔全体の印象が違ってくるので、注意が必要です。

かんぱん(肝斑)の原因

「シミ」の一つである、かんぱん(肝斑)の原因については、はっきりとしたことは不明ですが、女性ホルモン、ストレス、紫外線、化粧品などが関係していると言われています。

・女性ホルモン:
妊娠や出産、更年期、ピル(経口避妊薬)の服用など、女性ホルモンの変化よって、かんぱん(肝斑)が現われたり、色が濃くなったりします。

・ストレス:
不規則な生活、様々なストレスは、ホルモンの分泌に大きく関わってくるため、かんぱん(肝斑)ができる原因の一つにも考えられています。

・紫外線:
かんぱん(肝斑)は紫外線にあたりやすい部分に現れ、紫外線が強い夏に一時的に濃くなり、冬には薄くなったりします。

・化粧品;
かぶれや炎症を起こすなど、自身の肌と合わない化粧品や間違ったスキンケアなどにより、メラニンを沈着させやすい皮膚となり、かんぱん(肝斑)が現われたりします。

かんぱん(肝班)のレーザー治療

「シミ」には、シミの出来る原因や進行する過程の違いなどによって種類が分かれます。そのため、シミの治療には、そのシミの種類によって、レーザー治療が効果的であるか、薬を服用することが効果的であるか、治療方法が違ってきます。

「シミ」の一つである、かんぱん(肝班)は、体内から皮膚に現れるシミです。そのため、一般的にシミに有効であるレーザー治療も、かんぱん(肝班)の治療には、あまり有効であるとは言えません。

かんぱん(肝班)にレーザー治療を施すことで、一時的に消えて、元どおりのきれいな肌になるケースもありますが、再発するケースが多いのが現状です。

むしろ、レーザー治療を施した結果で、黒く変色してしまったなど、逆に、かんぱん(肝班)を悪化させてしまうケースもあるので、なるべく避けた方がいいでしょう。

かんぱん(肝班)の治療

かんぱん(肝班)治療法として、レーザー治療はあまり有効ではありません。一般的には、飲み薬と塗り薬による治療法が効果があると言われています。飲み薬は、トラネキサム酸とビタミンCの併用が勧められています。また、塗り薬は、ハイドロキノンやトレチノインのクリームを塗る方法が一般的です。

ただしこれらの治療法を行ったからといって、かんぱん(肝班)が簡単によくなる方もいるのですが、なかなか効果が出るまで時間がかかり、苦労する場合もあります。かんぱん(肝班)は、はっきりとその原因がつかめていないために、なかなか対症療法的な治療しか行えないのが現状です。

また、これらの飲み薬と塗り薬による治療法によって効果が出てきた場合、薬の使用をやめてしまうと、かんぱん(肝班)がまた濃くなってしまうこともあるようですので、医師の指示に従って毎日続けることが大切です。

また、かんぱん(肝班)紫外線にあたりやすい部分に現れることから、かんぱん(肝班)の治療中は特に紫外線を避けるように心がけてください。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。